ゴムの様々な成型技術を紹介します

ウレタン注型

ゴム製品は一般的な家庭から様々なシーンで幅広い分野で活躍をしています。
一般的な雑貨類や玩具類、文房具や各種工業製品のパーツなど、
あらゆるシーンで使用されているものですが、製造作業の中にはウレタン注型と呼ばれている工法があります。

ゴム単体品の場合では多くのケースで用いられている方法になり、基本的な手法として用いられています。
しかし、実際に作業を行うには一定の技術が必要とされていて、簡単に製作できるものではありません。
一般的には最初に型を製作することが行われています。
型は主に金属で製作されることが多いのですが、初期の作業工程の中には木材を利用する場面も見られます。

ゴムは必要に応じて硬度やカラーなどを決めておくことが求められているもので、事前に素材として準備を行います。
型に関しては後に剥がれやすくするために剥離させるための素材を塗り込むことを必要とする場面もあります。
その後は型の中に注入を始めることになりますが、この作業では気泡が入ってしまわないように注意することが求められています。

さらに加熱作業を必要とする場面もあります。
一定時間を加熱処理を行って、型を分解して中身を取り出します。
最終的にはバリなどを取り除き、全ての作業が終了することになります。