ゴムの様々な成型技術を紹介します

トランスファー成型とは

ゴム製品をつくる際に行われる成型の方法にはいくつか種類がありますが、
その中の一つに「トランスファー成型」と呼ばれる方法があります。

この方法では、材料のゴムを金型の上部にあるポットと呼ばれる部分に入れて、加熱・加圧・加硫を行います。
すると、ポット内に入れられた材料は注入口と呼ばれる隙間を通って金型本体に流れていきます。
その後、架橋を十分に行うために適当な時間放置した後、金型から成型された材料を取り出します。
トランスファー成型はコンプレッション成型と同様に圧力をかけることにより材料を成型していく方法で、
使う金型の構造が違うだけなので製造設備は両者で共通させることができます。
トランスファー成型とコンプレッション成型を比較すると、
トランスファー成型では複雑な構造のものにも対応することができるのが利点ですが、
コンプレッション成型の場合より金型をつくる際の費用は高くなります。
また、トランスファー成型では、成型の作業を終えた後にポット内に材料が残ってしまう分、
材料のロスもコンプレッション成型と比較すると多くなります。
このため、ゴム製品の製造業者は、製造する製品の形状などに応じて2つの成型方法を使い分けています。