ゴムの様々な成型技術を紹介します

コンプレッション成型とは

主にプラスチックの成形、シリコンゴムなどの成形に多く利用されるのが、このコンプレッション成形です。
コンプレッション成形のやり方は、開いた金型の凹型面に計量した成形材料を入れて、
その後圧力を加え、熱によって成形材料を固化させます。
成形材料に熱を加えるためには、予め金型を温めておく必要があります。
コンプレッション成形は、たい焼きを作る工程とよく似ています。
他の成形方法と比較して、数多く作るには不向きな方法となりますが、コストが安く済むといったメリットがあります。
また、サイズが大きく、強度と熱に強い製品を作り出すのに適した成形方法ともいわれています。
成形材料の制限が少ないので、マーブル模様や石のような模様のプラスチック製品を作り出すこともできます。
但し、このコンプレッション成形によって加工した際には「バリ」と呼ばれる無駄な突起物ができやすく、
そのバリを取り除くのに手間が掛かるため、仕上げに時間を要するのが欠点といえます。
コンプレッション成形で作り出すことのできる製品には、育毛剤や化粧品のキャップ部分、スポーツ用品に健康グッズ、
お椀や皿といった食器に台所用品など、生活に必要なもの・便利なものなど、たいへん多くあります。