ゴムの様々な成型技術を紹介します

キャスト成型とは

キャスト成型とは金型といった型を作ってそこに材料を流し込んで、同じ形の材料を作る方法です。
どのような用途で利用されているかといいますと例えば金属製のアクセサリーやバックルなど様々です。
この金型と呼ばれる型にゴムを利用する方法があります。
これはシリコーンゴムで金型をつくりそこに金属の材料を流し込んで作る方法なのです。
メリットとしてはコストがあまりかからないということ、品質が安定することがあります。
そしてもうひとつのメリットは小ロット製品に対応することができるということです。
また納期が早いといったこともあります。
簡単に作ることができて早く作ることが出来るというメリットがあります。

このようにキャスト成型という方法でいろいろな形状のものを作ることができるのですが、
小ロットタイプで少ない量で多くの種類を作るというような場合にとても適した方法なのです。
作成方法は金属のモデル型からラバーキャストを作ってそこに亜鉛といった金属の材料を流し込みます。
そして出来上がった製品にメッキなどを施すことで完成するということで
至って簡単な工程で作成することができるのです。
ほかのキャスト成型に比べてとても簡単に早く安く作成することができます。