ゴムの様々な成型技術を紹介します

カレンダー成型とは

プラスチックはいろんな成型法を利用できるのが、大きな特徴となっています。
たとえば、射出成型法、押出成型法、インフレーション成型法をはじめ、
多様な成型方法がありますが、その中の、カレンダー成型に注目してみます。

カレンダー成型とは、ゴムの圧延加工法をプラスチックに応用したものです。
ポリ塩化ビニル、繊維系プラスチック、メタクリル樹脂、ABS樹脂などの成型に広く用いられています。
作業手順としては、樹脂に可塑剤、滑剤、充填剤など混ぜたものを、カレンダーロールに流していきます。
カレンダーロールは、すでに最適温度に加熱されています。
ロールとロールの間は、必要とする厚みをあけてあり、
このロール間の隙間で圧縮された成型材料が伸ばされて、シートまたはフィルムになるのです。

カレンダー成型のメリットは、まずは、エンドレスに成型ができますので、製品コストが安くなる、という点です。
つまり、シートやフィルムなどの製品を大量に作ることができるのです。
さらに、ポリマーに配合剤を混ぜて、そのままで成型できる点も、カレンダー成型が高く評価されるポイントです。
逆に、カレンダー成型のマイナス面は、大がかりな設備が必要であり、 小ロット生産にはあまり向いていないところです。