ゴムの様々な成型技術を紹介します

ゴムの成型技術についてイメージ

ゴムの成型方法

ゴム製品の製造工程の一つに、材料を完成品の形にする「成型」の作業があります。
この工程では様々な方法を用いて材料のゴムを加工して製品の形状にしていきます。
この成型方法には大きく分けて「プレス成型」と「切削成形」の2つの方法があります。

「プレス成型」では、材料を金型に入れた後、プレス機を使って一定の時間だけ熱と圧力をかけることで加硫させます。
金型を製作しなければならないのでイニシャルコストはかかりますが、
金型に多く掘り込みをいれることで製品の量産が可能です。
このプレス成型は更に、単純に金型に材料を入れて圧力をかけるコンプレッション成型や、
ポットと呼ばれる部分に材料を入れた後に圧力をかけ、注入口を通して金型に材料を流し込むトランスファー成型、
シリンダーに液状化した材料を入れた後に圧力をかけて、注入口を通して金型に材料を射出するインジェクション成型などに分類されます。

「切削成形」では、切削機を用いてゴムの塊を削ることで製品の形に仕上げていく方法で、
プレス成型では加工しにくい形状をしたものの製作に向いています。
また、細部の仕様変更にも柔軟に対応できます。
イニシャルコスト面では金型を使わない分、こちらの方法が優れていますが、
材料をひとつひとつ削っていくため生産性に劣るのが欠点です。
このため製造業者では、試作品を切削加工でつくり、量産する場合にプレス成型を用いる事がしばしばあります。